初めて犬を飼う時の心構え。一目惚れ、衝動買いは危険

どうもNAKKI(@nakki0109)です。

ペットブームですね。僕も犬2匹猫1匹と暮らしています。(あと嫁)

ちなみにうちの嫁はペットショップで働いています。お客さんの中には

「一目惚れしたから連れて帰る!」

みたいなことを言われる人も結構いるみたいです。

ペットショップにいる子は小さくてカワイイので気持ちはわかりますが、ちょっと待ってください。

もう1度よく考えて決めるべきです!というお話です。

衝動買いは良くない

ペットを飼うということは命を預かるということです。その覚悟が本当にできていますか?

日本では年々減ってきてはいるものの、現在も10万頭以上の犬・猫が殺処分されているらしいです。あなたは最後まで面倒を見れると断言できますか?

「多分大丈夫。」程度の気持ちなら絶対に飼うべきではないです。

子供にねだられても飼うのはやめましょう。子供にとっては言い方は悪いですが「おもちゃ」みたいなものです。飽きたら面倒を見なくなる可能性が高いです。

犬を飼う前に確認しよう

犬をお迎えする前に知っておいてもらいたいことを紹介します。

最低限の知識

ネットや本で調べて飼い方や習性など最低限のことは知っておきましょう。

人が普段食べてるものでも犬には危険な食べ物も多くありますし、しつけの方法や犬の心理、病気についてなど知っておくべきことは沢山あります。

犬との時間

犬は単独で生きる生き物ではないので家に誰もいない時間が長いとストレスになってしまいます。

あなたのライフスタイルで犬との時間を作ることができるのか考えてみてください。

お互いが快適に生活するにはトイレトレーニングなどのしつけも必要ですが時間がかかります。

散歩やシャンプー、爪切りもしなくてはなりません。

そういった時間はありますか?

後見人

飼い主にもしものことがあっても犬の面倒を見てくれる人がいますか?いないのであれば今は飼うタイミングではないかもしれません。

事故などに巻き込まれないとも限りません。

もし自分がいなくなってもお世話をしてくれる人がいるか考えてみてください。

犬も成長する

当たり前のことですがいつまでも可愛い子犬のままではありません。

というかすぐ大きくなります。

想像していたより大きくなったり、無駄吠えがひどかったり、トイレを覚えてくれなかったりと思っていた通りにならないことはたくさんあります。

費用がかかる

毎日の餌代やトイレシートなど日常的な出費からケージやベッド、エサ用の食器や散歩用のリードなどの初期費用、トリミング代や予防接種、不妊手術、病気になったときの出費など、合計するとかなりの費用がかかります。

犬の寿命は10年~15年程度ですが、最後まで面倒を見るとなると1頭で100万円以上の費用がかかると言われています。

まとめ「犬を迎える覚悟ができたら」

犬を飼うということは「命を預かる」ということ「家族が増える」ということです。

いろいろと書きましたがそれでも「犬と暮らしたい」と思う気持ちが変わらないのであれば迎えてあげてください。

きっとお互いにとって素敵な生活が送れると思います。しっかりと準備をしてお迎えしましょう。

最後に

犬の寿命は平均10~15年です。

悲しいですがいずれはお別れの日がやってきます。その最後の時までしっかり愛情を注いで面倒を見てあげてください。

以上NAKKI(@nakki0109)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です