ヴェポライザー愛用者が手巻きタバコを作れると得られる3つのメリット

手巻きタバコ

どうもNAKKI(@nakki0109)です。

普段ヴェポライザーを愛用しつつ紙タバコも吸っている僕ですが、この度、手巻きタバコのローラーを購入しました。

手巻きタバコに乗り換えたとかじゃありませんよ。

ちなみにヴェポライザーは「WEECKE FENIX」を愛用してます。

ローラーを購入した理由はヴェポライザーライフをより充実したものにするために「手巻きタバコを作れる」という選択肢が欲しかったのです。

慣れてる人はローラーなんかなくても綺麗に巻けるらしいですが不慣れなもんで。

ここでは手巻きタバコを作れることでヴェポライザー愛用者が得られるメリットを紹介します。

  • シャグを最後まで美味しく使いきれる
  • 躊躇なく新しいシャグを試せる
  • バッテリーが切れても吸える

大きく分けてこの3点です、順に説明していきます。

ヴェポライザーを市販のタバコと比較した時のデメリット

シャグを最後まで美味しく使いきれる

ヴェポライザーを使っているとシャグは欠かせないわけですが、量が減ってきて底に残った粉々のシャグってどうしてますか?

最後までヴェポライザーで使い切る人もいるかもしれませんが、僕は乾燥してて美味しくないし詰めるのも面倒なので今までは捨ててました

でも量も結構あるし「もったいないな」ってずっと思ってたんですよね。

そこでローラーの登場です。手巻きタバコにして火をつけて吸えば乾燥してても問題ないし、かなりの本数作れるし、想像していたより旨いです。

シャグもムダなくムリなく使いきれるし、紙タバコも併用している僕からすればタバコ代も抑えられるのでメリットしかありません。

粉々のシャグは捨てている、もしくは美味しくないと感じているけど吸っているという人にはおすすめです。

シャグを加湿する方法。ヒュミストーンを使うのが簡単だよ

躊躇なく新しいシャグを試せる

シャグって種類も豊富なので自分に合ったものを見つけたくて色々試してみたくなりますよね。

でもコスパが良いために一袋使い切るのにも結構な期間が必要です。

なので買ったシャグがまずかったらしばらく我慢して消費するか、誰かにあげるか、最悪捨てるしかありません

そう思うとなかなか新しいシャグに手を出しにくくなってしまいます

僕も以前、c-vapor2を使ってる知り合いから「クソまずくて吸えないから」と、あるシャグをもらったことがあるんですが、実際吸ってみるとまぁマズイ。使い切るのは到底不可能なレベルの不味さでした。

そこで手巻きタバコです。この時知ったことですが、ヴェポライザーだと美味しくないシャグも火を付けて吸うと美味しいんです。

もちろん全てのシャグがそうだとは限りませんが「不味かったら手巻きタバコにすればいい」という選択肢ができることで新しいシャグを試しやすくなります

バッテリーが切れても吸える

僕の知り合いも時々「バッテリーが切れた」と言ってタバコをもらいに来ますが、ヴェポライザーしか使わない人はどうしてもバッテリーの残量を気にしておかなければなりません

長時間の外出だとモバイルバッテリーの充電もなくなってしまう可能性もあります。

そんなときコンビニでしかたなくタバコを買う人もいるでしょう。

そこで手巻きタバコです。

わざわざ買うことなくバッテリーが切れてもタバコを吸うことができます

充電するのを忘れていた時や、頻繁に充電器を抜き差しするのはよくないので、充電中は手巻きで凌ぐということもできます。

手巻きタバコに必要なもの

ということで、手巻きタバコを作れるようにしておくと以上のようなメリットがあるわけですがシャグ以外に

  • ローラー
  • ペーパー
  • フィルター

が必要になります。手練ならローラーは要りませんがフィルターとペーパーは要ります。

参考として僕が使用しているものを紹介します。

柘製作所のローラー「アズテック・ミニマキシ」

正直手巻きタバコのことは無知なので適当に選びましたが、普通に使いやすいです。

最初はいびつな形になってしまいましたが、数本巻いたら割と綺麗に巻けるようになりました。

他にも色々種類があるのでお好みで良いと思いますが、コスパを考えるならスリムサイズで巻けるローラーの方が少量のシャグで多くの本数作れるのでおすすめです。

ピュアレギュラー手巻きタバコ用フィルター

ヴェポライザー用にフィルターを買っていたのですが、今はフィルターなしで使用しているので大量に余ってたんですよね。

健康のためにはフィルター使ったほうが良いと思ってるんですが、喫味が軽くなるし面倒なんで。

ヴェポライザーの健康被害について考えてみた。

なくなったらスリムサイズのフィルターにしようと思ってます。(コスパ大事)

ペーパーはシャグに付いてる物を使用

今まで捨てていたのでちょっと後悔してますが、紙はシャグに付いてるものを使ってます。

なので実質0円です。

大量生産するなら買い足さないと足りないかもしれません。

まとめ

ヴェポライザー愛用者が手巻きという選択肢を持つメリットを紹介しました。

ローラー使っても1本作るのにまぁまぁ時間かかるので面倒っちゃ面倒ですが、捨てていたものを使いきれるようになったので良かったです。

その都度巻くのは面倒なので、時間があるときに一気に巻いて作り置きしておく方がすぐに吸えるので後々楽です。

これからは新しいシャグも積極的に試してみようと思います。

【最強のヴェポライザー】WEECKE FENIX完全ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です