シャグを加湿する方法。ヒュミストーンを使うのが簡単だよ

どうもNAKKI(@nakki0109)です。

ヴェポライザーを使用しているほとんどの人がシャグを使っていると思うけど、シャグって1袋に結構入ってるから開けると割と早い段階で乾燥しますよね?

なんかいい方法ないかと思って僕も最初「シャグ 乾燥」とか「シャグ 加湿」とか調べたりしたんだけど、書いてある内容がなにかと大変というか、ぶっちゃけめんどい。

正直そこまではしたくないんです。

ヴェポライザーってコスパは最強だけど、普通のタバコと比べると手間がかかるのが難点であり最大のデメリットだと思ってます。 ヴェポライザーを市販のタバコと比較した時のデメリット

そこで今回は面倒くさがりの僕が実際やっている簡単な加湿方法を紹介します。

僕と同じく乾燥は防ぎたいけど面倒なのは嫌加湿できれば細かい湿度の具合までは気にしないって人におすすめの方法です。

 

ヴェポライザーって何?って人はこちらもご覧下さい。

簡単に言うと「コスパ最強の加熱式タバコ」です。

値段を比較した結果、加熱式タバコのおすすめはコスパ最強の「ヴェポライザー」だった

 

ヴェポライザー(加熱式タバコ)が健康に及ぼす影響についても書いています。

ヴェポライザーの健康被害について考えてみた。

シャグは湿度で味が変わる

個人差があるかもしれないけど、シャグは乾燥するとイガイガした感じになるし、美味しくないです。

フレーバー系のシャグだと香りも損なわれちゃいますし。

ヴェポライザーを使う場合は、吸ってる人ならわかると思うけど湿度が低くなるほど蒸気も少なくなるので満足感が得られなくなります

ミストの量は満足感を得るのにマジ大事。ミストはマストっす。

調べたら面倒くさそうだった

調べたら加湿方法とか色々ヒットしたんだけど

容器に入れてティッシュでうんたらかんたらだの

霧吹きでどーたらこーたらだの

パウチに入れて…湿度計が……百均で…って

「めんどくさっ」

僕はずぼらなのでそうゆう手間暇はあまりかけたくないのです。

で結局行き着いた先が

ヒュミストーン(ハイドロストーン)


ヒュミストーンまたはハイドロストーンというようです。まぁ名などどうでもいい。

要は「保水性の高い石」です。

こいつを2、3分水に浸けて、表面の水分を軽く拭き取ってシャグの袋にそのまま入れるだけでゆっくりと葉を加湿してくれます

超簡単でしょ?タッパーもパウチも要らないし。これもできない人は乾燥したまま吸おうね。

注意点としてはこの方法に限らずだけど、カビが生える可能性があるからそのへんは上手いことやりましょう。

水道水でもいいけどカビ防止には精製水とか蒸留水を使った方がいいですよ。ちなみに僕は思いっきり水道水です。

シャグの湿度が高すぎると感じたら乾燥させたヒュミストーンを入れておけば保湿レベルを下げることもできますよ。

まとめ「加湿効果は充分」

簡単な方法ですが加湿という点ではちゃんと効果を発揮します。

結局は個人の好みなので加湿する必要を感じていなければしなくても問題はないけど。

試してみる場合はカビの発生にはくれぐれも気をつけよう。

カラッカラになっちゃって加湿する気も起きないなら「手巻きタバコにして吸っちゃう」ってのもアリだと思いますよ。捨てるのもったいないしね。

ローラーがあったら簡単に巻けますよ。

手巻きタバコヴェポライザー愛用者が手巻きタバコを作れると得られる3つのメリット

僕のおすすめのヴェポライザー「weecke Fenix」の記事です。マジでおすすめなんでヴェポライザー選びに悩んでる人は読んでみてね。

WEECKE FENIX【ヴェポライザー】4ヶ月使ったレビューとフィルターの使い方など

 

最後まで読んでくれてありがとう!以上NAKKI(@nakki0109)でした。

【最強のヴェポライザー】WEECKE FENIX完全ガイド 【2019年】最新のヴェポライザーランキングTOP5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です