ケージとゲージはどっちが間違い?意味を知れば違いが分かる!

どうもNAKKI(@nakki0109) です。

犬や猫のブログを書いている人や、ペットショップの商品説明を見てみてもケージと書いてあったり、ゲージと表記してあったりします。

僕もどっちが正解なのかわからなかったので会話の流れの雰囲気で適当に使ってました。

でも発言に自信がない時って声が小さくなったり、どっちつかずの発音したりしますよね。

そろそろ白黒ハッキリさせようや!

ということで

ケージとゲージの違いを調べてみました。

調査の結果、英語で書いてみるとわかりやすいことが判明。

cage」ケージ:檻やかごを意味する英単語

gauge」ゲージ:標準寸法、規格などを表す英単語

だそうで、「犬を標準寸法に入れる」「規格で飼っている」ゲージでは意味不明ですね。

よって正しいのはケージゲージは間違いです。

なぜ間違って使われるようになったのか?

理由として「日本人が濁点に弱い」のが原因と言われています。

そうなんだー濁点に弱いんだーって感じですね。

どちらかというと「ネイティブな英語が苦手」って気がするけど…外人さんの言葉を聞き取るのは難しいですよね。ヒアリングとか超苦手でした。

ケージ以外にも

ベット ベッド
 バック  バッグ
 アボカド  アボガド

などなど身の回りには結構たくさん間違って使われてる言葉があるみたいです。

ちなみに僕は割と最近まで「バイパス」のことを「バイバス」って言ってました。あー恥ずかしい。

あっ、ちなみにアボカドは犬にとっては毒なのであげてはダメです!

まとめ 「ケージ」が正解「ゲージは間違い」

正しくは「ケージ」です。「ゲージ」は違います。そして「バイパス」!

他にも間違って使われている言葉はたくさんあるが原因は日本人は濁点弱点(韻踏んでる)

もし周りに間違って「ゲージ」と言っている人がいたら。。。

聞き流すのも優しさ。正してあげるのも優しさ。

 

ケージとサークルの違いを知らない人も結構いるみたいです。興味のある人はこちらも合わせてご覧下さい。

ケージとサークルの違いとメリット・デメリット

以上NAKKI(@nakki0109)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です