Amazonでお得にショッピングする方法

犬のケージ(サークル)の設置場所のポイントと注意点。

どうもNAKKI(@nakki0109)です。

犬のケージまたはサークルってどこに置こうか悩みますよね。

あまり気にされてない人も多いようですが、ワンちゃんが安心してケージで過ごすには設置場所がとても重要なんです。

ということで今回は愛犬が快適に過ごせるケージの設置場所のポイントと注意点を紹介します。

ケージとゲージはどっちが間違い?意味を知れば違いが分かる!

犬のケージ(サークル)の設置場所を決める際のポイントと注意点

設置場所は飼い主(家族)と一緒に過ごせる場所がおすすめ

設置場所の候補としては玄関・リビング・キッチン・寝室とかですね。

ここでひとつ知っておいてほしいのが

「犬は群れで生活する生き物なので、一人ぼっちは苦手」

ということです。

これだけである程度設置場所は絞れてきますよね。

そうです、設置場所は家族みんなが集まるリビングがおすすめです。

犬のケージを設置する際の注意点

リビングならどこでも良いというわけじゃありません。

リビング内にも犬にとって好ましい場所とそうでない場所が存在します。

ということでケージを設置する際の注意点を紹介します。

窓際は避ける

窓の近くは直射日光や外気温の影響を受けやすいので快適な場所とは言えません。

エアコンをつけていても夏の日差しを浴びれば暑いし冬の窓際は寒いですよね。

また、犬はもともと穴ぐらを寝床とする穴居生活をしていた生き物なので、薄暗く狭いところを好みます。

窓際って明るいじゃん、だから良くないです。

エアコンの下は避ける

エアコンの下も温度変化が激しいのであまりおすすめできません。

やむを得ずエアコンの下に設置する場合は、直に風を受けないように風向きを調整してください。

テレビの横は避ける

テレビの横にケージを設置するのもおすすめしません。

犬は音に敏感なので、すぐ横で雑音がすると落ち着いて寝られません。

犬は一日の大半を寝て過ごすので配慮が必要です。

ドア付近は避ける

人の出入りが激しい場所だと犬も落ち着けません。

扉付近も避けましょう。

犬の様子が即座に確認できる場所に設置する

飲み水がなくなっていたり、体調が悪そうといった犬の変化にいち早く気付ける場所に設置しましょう。

朝起きたときや帰宅したときにすぐに確認できる場所が良いです。

また、テーブルやソファなどで遮られることがなく、常にお互いが見える場所がベストです。

まとめ

犬が快適に過ごせるケージの設置場所をまとめると

「薄暗くて、人の出入りや温度変化、騒音が激しくなくて飼い主(家族)と一緒に居れる場所」

ってことです。

間取りや家具の配置の問題などで難しい場合もあるかもしれないですが、なるべく愛犬が安心できる環境を整えてあげてください。

ではこのへんで。

ケージとサークルの違いと特徴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です