ケージとサークルの違いとメリット・デメリット

どうも数年前まで犬小屋しか知らなかったNAKKIです。

室内犬を飼うことになったおかげでケージサークルクレートというかっこいい単語を知ることができました。何事も経験ですね。

ところでケージとサークルの違いって知ってますか?どちらもペット用のお家という点は同じなのですが似ているけれど違うものなのです。

ということで今回はケージとサークルの違いについて紹介します。

ケージとは?

僕も最初間違っていましたが、よく「ゲージ」と間違われます。ですが正しくは「ケージ」です。

詳しくは以下の記事をご覧下さい。

ケージとゲージはどっちが間違い?意味を知れば違いが分かる!

日本語に訳すと「檻(おり)」という意味です。

ちょっと響きが怖いですね。

ケージは金網などで側面、天井が囲われ床面があるものをいいます。

イメージとしては金属製の犬小屋って感じですかね?動物園で虎とかライオンといった猛獣が入ってる鉄格子の檻をギュッって縮めた感じです。

モノによっては折り畳める布製のものや、床や天井がはずせるものもあります。

サークルとは?

サークルはCircle(範囲、囲い)の言葉通り、周りを囲んだだけで床や天井がないものをいいます。

「わんちゃんだけの空間を簡易的作るもの」という感じです。

ですが別売りの天井や床を取り付けたり、側面のパネルを追加したりと拡張性が高いのが特徴です。

素材もプラスチックや布製、木製と様々です。

気づいたかもしれませんが、サークルに天井と床つけたらもはやケージじゃん!ってなりますよね。

小型犬におすすめの折りたたみサークルPOTSが持ち運びもできて便利

ケージとサークルのメリットとデメリット

簡潔に述べるとケージのほうがしっかりしているから安全、安心だけどサークルのほうが簡素な作りなので掃除などしやすく拡張性が高いって感じですかね。

ケージのメリット

  • 天井があるので、犬が脱走することがない
  • 上から物が落ちてきても屋根部分が守ってくれる

ケージのデメリット

  • 掃除や餌の出し入れがしにくい

サークルのメリット

  • 天井がないため掃除や餌の出し入れがしやすい
  • 犬の成長に合わせて大きさを変更するなど自由度が高い。

サークルのデメリット

  • 側面だけなので強度が弱い
  • 落下物による怪我のおそれ
  • 脱走の心配、それに伴う骨折など怪我の危険

 

まとめ

  • ケージ:金属製の檻のようなもの、側面と天井、床面がある
  • サークル:柵状の囲い、天井と床はないが取り付けることも可能。拡張性が高い

ケージやサークルで飼うのは可哀想と思うかもしれませんが、慣れればワンちゃんにとっても安心してリラックスできる空間になります。しかしその為には安全な場所、リラックスできる場所なんだということを覚えてもらう必要があります。

突然閉じ込めたりするとビックリしますし、ストレスを感じてしまうので徐々に慣れさせていくことが大切です。

トイレを教えたりハウスを教えたりと、しつけの練習にも役に立ちます。

室内に放し飼いで犬を飼っている人もこれからワンちゃんをお迎えするひとも、ケージ・サークル飼いを検討してみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です