ロイヤルカナンはネットでの評判ほど酷いドッグフードではないかも

どうもNAKKI(@nakki0109)です。

うちには2頭の犬がいます。半年ほど前からロイヤルカナンというドッグフードを与えているのですが、ネットでの評判はかなり悪いんですよね。

理由は原材料に人工添加物が豊富に使用されているからなのですが、一概に悪いとも言い切れない感じなんです。ということで今回は、ネットで酷評だらけのドッグフード「ロイヤルカナン」は言うほど悪くないかもしれないという内容です。

キーワードは「自然」をとるか「科学」をとるかです。

動物病院やペットショップ、ブリーダーも勧めるドッグフード

まずロイヤルカナンにしたきっかけですが、世界的にも有名なドッグフードで、獣医師さんやブリーダーも勧めている商品だからです。ちなみに2頭目を迎えたペットショップもロイヤルカナンを与えていました。

急にご飯を変えて食べなくなっても困るし、食いつきも非常に良かったので変更しないことにしました。値段も決して安くはないですが、健康で長生きしてもらいたいですからね。

ただネットでの評判が悪いことがずっと気にはなっていたんですよね。なぜなら…

犬にとって望ましくない原材料が多く使用されている

からです。検索したらわかりますが、ネットでの評判はボロクソです。調べてみると犬にとってアレルギー素材になるものや毒性のあるものがたくさん使われていて、人工添加物のオンパレードなんです。

「そんなもの悩むまでもなく変えるべきだ」

と普通なら思いますよね?僕もそう思ったりもしたのですが、なぜ獣医さんやペットショップが勧めるのかがずっと疑問でした。(大人の事情かな?とか)

それでもう少し深く調べてみたらその理由がわかりました。

科学的研究がされたドッグフード

ロイヤルカナンは最先端の科学的なドッグフードだからなんです。日々研究を続け、犬にとって消化が難しい穀物も消化しやすく加工していたり、人工添加物も一生食べても健康に影響が及ばない安全な範囲内で使用されています。

他の多くのドッグフードがナチュラル思考なのに対して、ロイヤルカナンは世界中の獣医師やブリーダーの知識を結集した科学的なドッグフードなんです。

表示されている原材料だけでは表現しきれない品質がそこにはあるのです

と公式サイトにも書かれています。表示されている原材料だけを見て評価しているネットの情報で評判が悪いのはそのためです。

まとめ「自然を選ぶか科学を選ぶか」

ロイヤルカナンはネットでの評価ほど悪くないと今は思ってます。ドッグフードへの考え方、アプローチのしかたが他と違うということです。

じゃあどっちが良いの?と聞かれれば「わからない」というのが正直なところですが、人工添加物を使用していても獣医が勧めているというのは説得力がありますね。ナチュラル系のドッグフードも響きは良いですが、同じ価格帯だといくつか犬にとって好ましくないものが使用されてたりしますしね。

科学の力を信じるなら、ロイヤルカナンはネットの評価通りのドッグフードではないかもよってことです。

以上NAKKIでした。

Twitterはこちらから←記事更新情報など流してますのでよかったらフォローしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です