疎遠になった友達と復縁する方法は自分から連絡する事

どうもNAKKI(@nakki0109)です。

「忙しいだろうけど、お盆にそっちに行くから、暇なら声かけてね」

10日ほど前に突然、疎遠になっていた友達からこんなLINEが来ました。最後に連絡をとったのがいつかも覚えていないのですが、おそらく10年以上前だと思います。

LINEがきたときは驚きましたが、同時にすごく嬉しかったです。そして彼が連絡をくれたことで、自分も他の疎遠になった友達に連絡をとってみようと思えました。

疎遠になった友達がたくさんいます

僕はバイト歴が長いので、職場だけでも多くの人に出会ってきました。中には一緒に部屋を借りて住んでた人もいるし、休みを合わせて旅行に行ったり、結婚式に呼んでくれたりと、親友と呼べるような気の合う人にもたくさん出会いました。

でもバイトなんていずれは辞めるものです。

辞めてしまうと、はじめのうちは連絡とって遊んだりしてても、段々とその頻度も減っていき、やがては疎遠になっていきました。今では連絡をとっている人はほとんどいません。元々自分から連絡するタイプではないというのも原因だとわかってましたが、しかたないと諦めていました。

でも本当はせっかく出会って仲良くなったのだから、できればこれからも付き合いを続けていきたいというのが僕の正直な気持ちです。

自分から連絡する勇気

連絡をとらない期間が長くなればなるほど「連絡したら迷惑かなぁ」と考えちゃうんですよね。もしかしたら番号変わってるかもしれないし、自分の連絡先は消されてるかもしれない。「誰?」とか言われたらマジで凹みます。

そんなことばかり考えてしまって、自分から連絡できないでいました。でも今回LINEをくれた友達に返信したらこんなメッセージが返ってきて、このままじゃダメだと思いました。

「返信してくれてありがとう」

この言葉が出てくるということは彼の中に「返信こないかも」みたいな不安な気持ちが少なからずあったと思うんですよね。(ないかもしれんけど)

それでも会いたいと思ってくれたから、勇気を出して連絡してくれたんだと思います。

実際に僕自身すごく嬉しかったわけです。だから僕も、もう1度会いたいと思う人、このまま疎遠になるのはイヤだと思う人には勇気を出して連絡してみようと思いました。

たった1つのメールで復縁するかもしれない

今回友達がとった行動は「LINEを1通送った」だけです。たったそれだけで僕らは「疎遠になった友達」から「友達」に戻れたわけです。

言い方は悪いですが「疎遠になった友達」なんて、話をすることも会うこともないのですから「他人」とたいして変わりません。それがメール1通送るだけで再び友達になれるのですから、勇気を出す価値は充分すぎるほどあると思います。

連絡をとる頻度が徐々に減っていったわけでなく、訳あって気まずい感じで疎遠になった人や、喧嘩して疎遠になってしまったパターンでも、時間が解決してくれているかもしれません。自分の中で消化できているのであれば、行動に移すべきです。

仲が良かった友達と疎遠になるのは悲しい

職場や学校が同じ場合や相手がマメに連絡くれる人であれば疎遠になることもないかもしれませんが、お互いが特に用事がないと連絡を取らないタイプだと疎遠になりがちに思います。

そして割合的にもそういった人のほうが多い気がします。

修復不可能な出来事があったならまだしも、ただ期間が空きすぎて、あるいは些細な喧嘩で連絡しにくいだけであれば勇気を出して自分から連絡してみましょう。

そのまま終わってしまうのは悲しすぎますよ。

僕自身も過去にこれができていれば、大袈裟じゃなく今の人生は少し違ったものになっていただろうと感じています。

まとめ 「友達は大事」

疎遠になった友達と復縁したいと思っているならば、自分から行動するべきです。今回の件でそれを痛感しました。来週彼に会ったら連絡をくれたことへの感謝の気持ちを伝えようと思います。

そして「返信こないかも」と行動しないよりも「返信なかったらしかたない」くらいの気持ちで、しばらく連絡をとっていない友達にLINEでも送ってみようと思います。自分が嬉しかったように喜んでくれる人も必ずいるはずです。だって「友達」ですから。

そんな感じです。

以上NAKKIでした。

Twitterはこちらから←記事更新情報など流してますのでよかったらフォローしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です