ヴェポライザーを市販のタバコと比較した時のデメリット

どうもNAKKI(@nakki0109)です。

今回はヴェポライザーと市販のタバコを比較したときのヴェポライザーのデメリットを紹介します。

コスパは抜群だしオススメなのは間違いないですが、市販のタバコと比べるといくつか煩わしさを感じる部分もあります。

値段を比較した結果、加熱式タバコのおすすめはコスパ最強の「ヴェポライザー」だった

なのでここではその辺りのことを書いていきます。ヴェポライザーデビューを検討してる人の役に立てば幸いです。

喫味が安定しない

自分でシャグを入れるので、キツかったり軽かったりと喫味にムラができてしまいます。慣れてくれば毎回ほぼ同じ量をつめられるようになりますが、やはり市販のタバコと比べると安定感はありません

「喫味を自分で調整できる」と言ってしまえばメリットのように聞こえますが、はっきり言ってメリットと感じたことはありません。

また一度シャグを入れれば2,3回吸うことが可能ですが、当然1回目より2回目、2回目より3回目は喫味が薄くなります。加熱温度を上げることである程度調節できますが、薄すぎて吸った気がしないなんてことも起こります。

シャグの湿度でも喫味が変わる

量だけでなくシャグの湿度によっても味は変化します。乾燥すると味は落ちますし、イガイガして美味しくないです。

おいしく味わうためにはシャグの湿度管理もしなくてはならないので人によっては煩わしさを感じてしまいます。僕もやっている簡単なシャグの加湿方法はこちらです。

シャグを加湿する方法。ヒュミストーンを使うのが簡単だよ

シャグの詰め替えが面倒

普通のタバコは火をつけるだけで吸えるのに対して、ヴェポライザーはチャンバーにシャグを詰める、使用後は取り出して詰め替えるという手間が発生します。

両手が使えないと難しい作業なので、片手が塞がっている時や運転中などは厳しいです。

あらかじめ詰め替えておけばよいのですが、そうでない場合、吸いたい時にすぐに吸えないということもあります。

シャグを扱っている店舗が少なく、入手が困難

タバコは切らしてしまってもコンビニ等で簡単に買えますが、シャグは取り扱っている店舗が少ないので、入手が多少困難です。

そのため使い切ってしまったときや外出中に落として無くしてしまった場合、すぐに手に入れることができず、吸えないということもありえます。

ネットショッピングだと必ず送料がかかる

ネットショッピングを利用すれば容易に購入することは可能ですが、届くまで数日かかりますし、Amazonや楽天、yahoo!ショッピングなど大手ショッピングサイトは品揃えがイマイチです。

また「たばこ事業法」により定価での販売が義務付けられていて、送料無料だと定価販売の義務に反してしまうため、必ず送料が発生してしまいます。

タバコを吸うよりはコストパフォーマンスは圧倒的に良いですが、送料にお金を払うのはなんだかもったいない気持ちになります。

フィルターの詰め替えも手間がかかる

フィルターの使用は必須ではないですが、使用するのであればまたまた手間が増えてしまいます。

個人差はありますが市販のフィルターをそのまま使うと相当喫味が軽くなってしまうので、好みの長さにカットして使う事になります。

外出時はハサミか、あらかじめ切っておいたフィルターを持ち歩く必要があります。

僕もはじめはフィルターを使っていましたが、面倒なのでやめました。

バッテリーの残量を気にしておかなければならない

バッテリーが切れてしまったら吸えないので常に残量を気にしておかなければなりません。

ヴェポライザーの多くはパススルーに対応していないので、充電しながら使用することもできません。

使わないときは充電しておく習慣をつけておかないと、使おうと思ったタイミングでバッテリーが切れてしまいイライラすることになります。

手巻きタバコを作れるようにしておくとそんな時でも安心です。

手巻きタバコヴェポライザー愛用者が手巻きタバコを作れると得られる3つのメリット

モバイルバッテリーが必須

ヴェポライザーの機種にもよりますが、大体10回前後の使用でバッテリーが切れてしまいます。外出中はコンセントがないのでモバイルバッテリーが欠かせません。

充電の残量を気にしながら使いたくないですし、バッテリー切れで吸えないのもイヤですからね。家に帰ればモバイルバッテリーの充電もしなければなりません。そこまで面倒なことではないのですが、地味に面倒くさいです。

災害などの備えにも!AC出力可能なモバイルバッテリー4選

荷物がかさばる

普通のタバコを吸う場合は

  • タバコ
  • ライター

があれば吸えるのに対し、ヴェポライザーは

  • ヴェポライザー本体
  • シャグ
  • フィルター
  • モバイルバッテリー
  • ケーブル

と必要な物が多いです。タバコとライターだけなら胸ポケットに収まりますが、ヴェポライザーの場合はそうはいきません。バッグでも持っていないと持ち歩くのが大変です。

荷物が増えてしまうのは大きなデメリットに思います。

メンテナンス、掃除が必要

使えば当然汚れてくるので定期的に洗ったり拭いたりと掃除をしなければなりません。シャグをいれるチャンバー部分や口をつけるドリップチップは特に汚れやすいです。衛生面から見てもこまめに掃除することをおすすめします。

また劣化や破損などでパーツの交換が必要になることもあります。ネットショッピングでの購入がほとんどだと思うので、交換したいときに「物が無い」ということにならないように、最低でも1つは常に予備を持っておいたほうが良いです。

壊れると吸えない

当然ですが壊れてしまったら吸えません。なのでポケットに入れていてぶつけてしまったり、落としてしまわないように注意が必要です。

僕も1度落としてしまって、本体は無事でしたがガラス製のドリップチップが割れてしまったことがあります。唇を切らないかヒヤヒヤしながら吸ってました。笑

健康への害が謎

デメリットとは言えないかも知れませんが現在のところ体への害が不明です。タバコよりは体に悪くないと言われていますが、実際のところはわかりません。

ヴェポライザーの健康被害については別で記事にしています。あくまで僕の考えですが是非ご覧ください。 ヴェポライザーの健康被害について考えてみた。

まとめ

実際にヴェポライザーを愛用している僕が感じた、タバコと比較した時のデメリットを紹介しました。

色々と書きましたが要は「手間と物が増える」ことが最大のデメリットだと思います。それでもヴェポライザーを使うことで得られる圧倒的なコスパを考えれば大した問題ではありませんけどね。

ヴェポライザーで僕の1番のおすすめは「weecke fenix」です。というか2番はありません。これ一択です。別記事にもしてありますので興味がある方は是非ご覧ください。 【最強のヴェポライザー】WEECKE FENIX完全ガイド WEECKE FENIX【ヴェポライザー】4ヶ月使ったレビューとフィルターの使い方など

この記事がヴェポライザーデビューを考えてる人の参考になれば嬉しいです。

以上NAKKIでした。

Twitterはこちらから←記事更新情報など流してますのでよかったらフォローしてください!

【2019年】最新のヴェポライザーランキングTOP5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です