犬がお腹や膝に乗ってくる時の心理が衝撃的だった

どうもNAKKIです。

うちはチワワとトイプードルと三毛猫を飼っています。

トイプーはすのこで作ったサークルで飼ってるけど、チワちゃんはケージやサークルを置くスペースがないので放し飼いです。

ところでケージとサークルの違いって知ってますか?興味のある方はこちらの記事もご覧下さい。

ケージとサークルの違いとメリット・デメリット

そんなチワちゃんは僕や嫁が座れば膝の上に乗ってくるし、寝る時はお腹の上や首元で寝ます。

「かわいい奴め、どんだけ俺らの事好きやねん」

って思ってたんですけど、実はその行動には衝撃的な犬の感情が隠されていました。

犬が飼い主の上で寝る理由

簡単に言えば

「俺の方がおまえより偉いんだからな、えっへん!」

っていう感情表現なんですって。

要するに主従関係がしっかり確立していないから下に見られているってことらしいです。

なのでいつも構って構ってと体の上に乗って来てるかと思ってたのが、内心は

「構えやゴルァぁ!」かも知れないし

抱っこして欲しそうな目で見てくるのは

「早く餌食わせろやこのボケナスがぁ!」

という感情から来てるかもしれないということですね。

 

座ってる時に膝の上に乗ってくる理由も意味は同じ

らしい。

飼い主に服従してる犬は恐れ多くて上に乗ってこないからお腹だろうが膝だろうが乗ってくるってことは舐められてるってことだそうです。

舐められてるって物理的なペロペロの方じゃないですよ。

でもね、服従なんて別に望んでないんですよ。

だからこれを知った時の率直な感想は

「へーそうなんだ。」

‭でした。

だって上乗って来たら嬉しいし、むしろ来て欲しいし

忠誠誓います感全面に出されて微妙な距離感保たれたら寂しいじゃないですか。

「撫でろや!この下等生物が!」

って内心思ってようがキラキラした目で言ってんなら許さざるを得ないでしょ?

可愛いけりゃオッケー!カワイイは正義!

だから気にしない。

猫が上に乗ってくる感情

猫の場合は話は別で甘えていることが多いそうです。

うちの三毛ちゃんもですが気まぐれなので甘えてきた時は存分に可愛がってあげてください。

結論

どっちも愛でる!

それだけ!

ケージとゲージはどっちが間違い?意味を知れば違いが分かる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です