iPhoneの色を反転、ダークモードの設定方法をわかりやすく解説。

どうもiPhoneXユーザーNAKKI(@nakki0109) です。

つい最近、iPhoneの画面の色を反転して暗くするダークモードの方法を知ったのですが、とても気に入ったので紹介したいと思います。

僕と一緒で暗いところが好きな人にはおすすめです。

画面を反転?ダークモードとは

暗色モードともいうらしいですが、ざっくり言うと色調を暗くする機能のことです。

通常の明るい画面は昼間とか明るい場所ではいいんですが、暗めの場所だと眩しいし、目も疲れやすいと言われてます。

つまり暗いところではダークモードにすると画面も見やすく目も疲れにくいってことです。

特に寝る前にスマホの画面を見ると自律神経が乱れ睡眠の妨げとなったり、頭痛や肩こりを引き起こす原因になるとも言われています。

とはいえ今やスマホは日常生活に欠かせないものなので、目の負担を軽減するためにも積極的に使用することをおすすめします。

iOS 11からの新機能「スマート反転」

現在ダークモードには「スマート反転」と「クラシック反転」の2種類あります。

クラシック反転」は以前からある機能らしく、画面の色を反転するだけだったのに対し、iOS 11からの新機能「スマート反転」は画像、メディア、暗い色のスタイルを使っているアプリは除外してくれるので、アプリのアイコンが見えにくくなるという心配はありません。

暗いところで見やすく、目も疲れにくいけど反転するとわかりにくいものは反転しないよってことです。いいとこどりですね~。

ダークモードのやり方、スマート反転の設定方法

  • STEP.1
    「設定」→「一般」→「ディスプレイ表示」→「アクセシビリティ」と進みます。
  • STEP.2
    「色を反転」をタップ
  • STEP.3
    反転(スマート)と反転(クラシック)があるので「スマート」を選択
  • STEP.4
    完了!

完了するとすぐさまスマート反転モードになります。

白背景に黒文字のサイトなどは黒背景の白文字に変わります。ちょっとクールでかっこいいですよ。

注意
ブルーライトを軽減する「Night Shift」をオンにしていた場合、反転すると自動的にNight Shiftは無効になります。反転を解除すると有効になります。
スマート反転
クラシック反転

比べてもらったら一目瞭然ですね。

クラシックのほうは毒におかされたみたい。これじゃアプリを探すのも一苦労です。

注意
アイコンは問題ないですが、スマート反転でもサイトの写真などの色が反転して表示される場合があるので万能ではないです。そんな時は反転モードを解除しましょう。

反転モードをショートカットに設定して素早くアクセスする方法

いちいち設定から変更するのが面倒であればアクセシビリティのショートカットを設定すれば素早くアクセスできるようになります。方法は以下になります。

  • STEP.1
    「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」と進む
  • STEP.2
    下の方にある「ショートカット」を選択
  • STEP.3
    「色を反転(スマート)」にチェックを入れる
  • STEP.4
    終わり

これで設定は完了です。サイドボタンをトリプルクリックでスマート反転のオフ/オンが変更できます。

まとめ

今回はダークモード、スマート反転のやり方について紹介しました。

僕は超クールで気に入ってるんですがどうですかね?というか夜の車内とか暗いところでiPhoneを操作することが多いので普通に役立ってます。

 

ちなみにアクセシビリティのショートカットは他の機能も設定できるので別の使い道もあります。

前に書いた記事ですが、例えば指1本でスクショが撮れる設定とかもできます。

iphoneの便利な機能、ワンタップで簡単にスクリーンショットを撮る方法

iphoneユーザーにはiphoneのケーブルで充電できるモバイルバッテリーがおすすめですよ!

iPhoneユーザーにおすすめ!Lightning入力できるモバイルバッテリー5選

また面白い機能や使い方があれば紹介したいと思います。

以上NAKKI(@nakki0109)でした。

意外と知られていない?iphoneの便利な隠れ機能・裏ワザ8選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です